読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はここだ!

読書記録とか、ポエムとか、メモとか、コードスニペットとか。まとまったのはQiitaにも書きます。(http://qiita.com/RyotaMurohoshi) 掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Microsoft MVPを受賞しました。

 Microsoft MVPを受賞しました。

 カテゴリはVisual Studio and Development Technologiesです。

 『いつか実現したい』

 そう思っていたことの一つが叶いました。

 とても嬉しいです。今後より一層精進します。

ぼやっとした昔話とか

 もうそろそろ5年前、働き始めて少したったころのこと。自分に自信が持てず「大丈夫だ」の一言が言えなかったことをずっと後悔しています。「大丈夫だ」と言える実力、評価、実績に基づく自信が、その時から欲しくて欲しくてたまりませんでした。

 その後、Unityでのゲーム開発を始めたこときっかけにC#を学び始め、書籍を執筆されたり勉強会で登壇されているMicrosoft MVPの皆さんにあこがれるようになりました。

 「いつか自分もこんな風になれたら」

 自信が欲しかった自分は、いつからかMicrosoft MVPになってみたいという願望を持っていました。それを実現できて、とてもとても嬉しいです。

やってきたこととか

 Unityゲームエンジンのユーザーコミュニティー「Unity部」で

とかをしました。

 個人としては

とかをしました。

これから先のこととか

 「MVP受賞したら圧倒的な自信がつくかな」

 そう思っていたんですが、受賞しても

 「あれできない、あれやりたい」

 という気持ちと焦り等はまだまだたくさんあります。

 ただ評価していただことはとてもうれしく、そして多少自信はつきました。

 今後より一層精進し、肩書だけではなく、自信を持てるようなゲーム・プロダクト・ライブラリを作っていきたいと思います。

 Microsoft MVPの先輩方、とても優秀なゲーム開発者の皆さん、すばらしい技術を持ったプログラマのみなさん。

 みなさんには書籍・勉強会や懇親会などを通じてたくさん助けていただきました。

 みなさんに助けていただいたように、自分もコミュニティーの誰かの役に立つことをやっていきたいと思います。

 最近Unity・C#を用いて個人ゲーム開発を始めました。まずは、そこで得た知見を少しずつ還元したいと思います。

さいごに

 Unity部の部長の@kamayuki_fsさん副部長の@kyusyukeigoさんはじめ、Unity部運営・コミュニティーのみなさんに感謝を。

 そして、5年前つくば時代から文字通り同じ釜を食って、寝食を共にし開発に明け暮れた同僚たちにも感謝を。特に、へっぽこだった自分を育ててくれた@wutaliとこの道に引きずり込んでくれた@shibushu_capに。

 2016年10月03日(月) 午前2時 自室にて

 室星亮太