読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はここだ!

読書記録とか、ポエムとか、メモとか、コードスニペットとか。まとまったのはQiitaにも書きます。(http://qiita.com/RyotaMurohoshi) 掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Mini DisplayPort to HDMI/DVI/VGA なアダプタが便利

 LTをよくやります。

 私物マシンがSurface Book or MacBookPro(2010年のモデル)です。

 たいていの場合「Mini DisplayPortオス HDMIのメス」を持っていれば済むことがほとんどです。

 しかしたまにVGAでなくてはいけないなどの場面があり、困ることがありました。

 そんな時に、おすすめなのがこれ。(私もお世話になっている方におすすめされました)

 Mini DisplayPort オス to HDMI/DVI/VGA メス 3-in-1変換アダプタケーブル 黒

 出先での登壇機会の多い人、かさばらないのでお勧めです。

 以下、画像。

f:id:MRStar:20170211131249j:plain

f:id:MRStar:20170211131252j:plain

Build Insiderで、「Unity入門」の連載を始めさせていただきました

成果物宣伝

 Build Insiderで、「Unity入門」の連載を始めさせていただきました。

 第1回は、

 「Unity入門 ― 何が作れるか? ライセンス/料金、開発に有利な特長

 というタイトルで2/1に公開されました。

 Unityをすでに使っている人向けの記事ではありませんが、すでに使っている人は「Unityってこんな感じだよ」って紹介するときに使っていただければ嬉しいです。

 よろしくお願いします。

www.buildinsider.net

2017年1月振り返り

振り返り

 気が付いたら2017年も1カ月終わりました。あっという間ですね。

 昨年度はMicrosoft MVPの申請のため、3カ月ごとに振り返りブログを書いていました。

 ところで最近、Microsoft MVPレギュレーションが変わったので、私もそれに合わせて振り返りブログは1カ月ごとにしようと思います。

BuriKaigi2017に参加

 2017年1月28日(土)に、富山県民会館で開催された「BuriKaigi2017 in Toyama ~そろそろ寒ブリが美味しいくなる季節~」に参加しました。

 今まで見る側だった、ドキドキライブコーディングにやる側で参加しとても楽しかったです。また来年、参加したいです。

mrstar-logs.hatenablog.com

48時間1人ゲーム開発もくもく会をやった

 2017年春リリース予定の個人製作のゲーム、「転生勇者」の開発を進めるべく2017年1月20日(金)・21(土)・22(日)で、自宅にて48時間1人ゲーム開発もくもく会をおこないました。

 開発は停滞気味なので、もう一度がっつりスピードを上げたいです。

mrstar-logs.hatenablog.com

勉強会・イベントまとめ

 2017年1月の勉強会の登壇は、

 の1件です。

ブログ投稿まとめ

 技術的なことはQiitaに、勉強会の参加等ログ的なことははてなブログに書いています。

 Qiita

 はてなブログ

年間目標振り返り

 年始に建てた目標を振り返ります。

  • 個人ゲーム開発3個リリース
  • ブログ 100記事書く
  • TOEIC 860点以上をとる
  • 体重62kg以下にする
  • 彼女を1人作る

個人ゲーム開発3個リリース

 1個目の転生勇者を開発中。仕様も固めきっていないので、開発を加速させたい。

 2月の目標

ブログ 100記事書く

 計5記事。ぶり会の振り返りとかでもっと書けたので、書こうと思ったタイミングですぐ書きたいです。

 2月の目標

  • 2月で15記事
  • ぶりの振り返り(九九・FizzBuzzC# 6.0のstring)
  • Unity 2D Experimental PreviewやTilemap関連 3個くらい?

TOEIC 860点以上をとる

 DMM英会話を全然やれてないです。しっかりやりたいです。

 2月の目標

  • DMM英会話を週4回やる
  • Unity 2D Experimental Previewのフォーラムに投稿

体重62kg以下にする

 1月時点で、70kg。現在、69.5kg前後。

 あまり進捗なしです。そもそも目標として適切なのか?腹囲とかの方が適切な気がします。。。

 2月の目標

  • 軽くてもいいので週3回運動
  • 目標が適切か聞く
  • ヘルシープログラマを読む

彼女を1人作る

 進捗ありません。

まとめ

 2月は小さな進捗をもっと細かく素早く積み上げていきたいです。

BuriKaigi2017 in Toyama で ドキドキライブコーディングした! #ToyamaBuri

C#/.NET イベントレポート

f:id:MRStar:20170205220312j:plain

toyama-eng.connpass.com

twitter.com

2017年1月28日(土)に、富山県民会館で開催された「BuriKaigi2017 in Toyama ~そろそろ寒ブリが美味しいくなる季節~」に参加しました。

そして、「C# 大好き MVP による、C# ドキドキ・ライブコーディング!!」で登壇しました。

タイトルこそ毎回違えど、この時期の北陸でのイベントはなんと8年目!

私自身は3回目の参加、毎年冬の楽しみなイベントの1つです!

ドキド・キライブコーディング とは?

以下、イベントページの「C# 大好き MVP による、C# ドキドキ・ライブコーディング!!」の説明より。

北信越Visual Studio and Development Technologies MVP 4名が C# の魅力について語ります。LT や コーディング ライブ。

北信越出身のMicrosoft MVP

そして、今年から私(新潟出身)が加わり

  • @AILightさんが出すお題を、セッション中その場でライブコーディングでする
  • @AILightさんが事前に出すお題を事前に作成し、セッション中その場で競わせる

という、恒例人気セッションです!

昨年までのドキドキ・ライブコーディング は?

 過去3回の「ドキドキ・ライブコーディング」事前作成のお題は

  • 2014年 オセロ
  • 2015年 七並べ
  • 2016年 テトリス(この年は事前作成じゃなくて、ライブコーディングでテトリスを作るというものでした)

 でした。

 そして今回、2017年のお題は再び「オセロ」です。

 オセロというと、プログラミングの授業・講義でよくあるテーマの一つですね。私も高専・大学でオセロを作った記憶があります。

 さて、この「ドキドキ・ライブコーディング」では、学校の課題ではありません。普通のオセロではないのです。

ここがすごいよ、ドキドキ・ライブコーディング

 普通のオセロであれば、定石からアルゴリズムを工夫することが大切です。

 しかしドキドキ・ライブコーディングでは違います。

 大切なのはオセロのアルゴリズムなどではなく、C#を駆使していかに他のMVPの相手を欺くのかが勝利のカギなのです。

 対戦相手の

 この中で一番注意しなくてはいけないのは、@Fujiwo さんです。去年と一昨年、相手のインスタンスを上書きして勝つなど インチキ チート ルールの隅をつつく戦略を得意とする@Fujiwo さん。今年も「私の役割を考えていたところです」など、とても意味深な発言をされており、必ず何かやってくることが予想できました。

 また今年は@xin9leさんもTwitterで、しきりに「IL(中間言語)が~」と発言しており、これは@Fujiwoさん以上に、汚い えげつない ハックをしてくる可能性を感じました。

 @AILightさんの、「罠にかかった若者(<-私のこと)」という発言もあり、私の警戒レベルはマックスになりました。

 そう、「C# ドキドキ・ライブコーディング」は、アルゴリズムやAIの授業ではないのです。

私の作戦

 私がほかのMVPを欺くために用意して作戦を説明します。

 「1ターンキル」です。

f:id:MRStar:20170205215932p:plain

  • ボードの盤面を書き換えて上の状態のようにする。
  • ボードの手番を私にする
  • 上記の処理をゲームスタートのボタン押下時に行う

 というものです。

 画面左上のただ一つ空いているマスに置けば勝てるという状況を作る作戦です。

 使っているC#の要素としては、

  • リフレクション
  • Form生成の監視
  • イベントの書き換え

 などです。

 対戦相手の皆さんは「プレイヤーを書き変える」など、えぐいこと 高度なことをやってきそうな雰囲気を感じたため、「何もさせないのがベスト」と判断し、「1ターンキル」という戦略を選びました。

結果

 次の画像は「1ターンキル」に成功しドヤ顔を決める私です。

f:id:MRStar:20170205220748p:plain

 作戦通り、「1ターンキル」を成功させることができました。

 しかし残念ながら、レギュレーション違反により失格となってしまいました。

 「相手のプレイヤーのインスタンスを書き換えるのはありだけど、盤はダメ。もうオセロじゃない。」

 とのコメントをいただいてしまいました。

 なるほど、残念です。

まとめ

 残念ながら失格になってしまいました。

 またそれに加えて、対戦相手の方たちの戦略・アルゴリズムの説明を聞いたところ

 完敗でした。悔しいです。

 失格にはなりましたが、来年また呼んでいただけるそうなので、その時はリベンジしたいと思います。

おまけ1

 結局4人中3人がずるしました。私と @Fujiwo さんと @xin9le さんです。

おまけ2

 勝ったのはずるしなかった @AILight さんです。

おまけ3

 ぶり、おいしかったです。

おまけ4

speakerdeck.com

関連

blog.xin9le.net

48時間1人ゲーム開発もくもく会を行いました!

イベントレポート 成果物宣伝

f:id:MRStar:20170123014939p:plain

 2017年1月20日(金)・21(土)・22(日)で、自宅にて48時間1人ゲーム開発もくもく会をおこないました。

 この日世界的なゲームジャム、48時間耐久のGlobal Game Jam(GGJ)も開催されていましたが、個人制作ゲームの第2弾を完成させたいので、そちらには参加せず1人でもくもく会をすることにしました。  

 この投稿ではもくもく会の成果、様子、そして振り返りをまとめます。

48時間1人もくもく会の成果

 成果として、個人ゲーム開発の第2弾の超簡易デモ版をGoogle Playに公開しました。

 現在、下記からダウンロードできます。

play.google.com

  • Gitリポジトリクラウドビルドの設定などのプロジェクト基盤
  • 超簡易デモ版のapk
  • アイコン、ヘッダー画像や各種説明文などのストア掲載情報
  • 今後のTODOリスト

 を短時間で作ることができたのが収穫です。

 また、私自身の優柔不断な性格のせいで「ガーッ」とある程度作ってしまわないと、中途半端に作っは壊して作っては壊してで、一向ゲームの仕様が定まらないので、しっかりと方向性を定めることができてよかったです。

 2017年春の公開を目指して開発を続けたいと思います。

48時間1人もくもく会の様子

 ルールは次のような感じで行いました。

  • 20日22時~22日22時までの48時間
  • 90分で1インターバル
  • しっかり寝る
  • インターバルの区切りごとに、さっきやったこと・つぎやることをツイート
  • 作るのは自作ゲーム第2弾。放置タップゲームを強化して
  • 成果物は最初のインターバルで決める

 途中、銭湯に行ったり、食事の買い出しがてら散歩に行ったりもしました。

 1日6時間ずつ寝たので、ゲームジャムにしてはかなり寝ました。

 成果とかをまとめたモーメントはこちら。

48時間1人もくもく会の振り返り

良かった総評

最初に決めた「Google Playにアップロードしα版を限定 or 一般公開」という目的は達成できた。残念ながらかなり大幅に使用を削減したものになってしまって残念だったけれど。

悪かった総評

思った以上に進捗出せなかった。もう少し進められると思った。作業の見積もりが甘すぎた。簡単にできると思っていたことに躓く、どうでもいいことに時間を割いてしまう、こだわたことは結局どうでもいいことだった。などなど、いろいろ甘すぎた。

1人もくもく会のふりかえり列挙

  • インターバルごとに「これをやる」と決めるのはよかった
  • インターバルの90分はもっと短くてもいいかも
  • 気づいたら予定時刻の90分を過ぎていた
  • 90分たったらdevelopにマージとか、90分ごとに強制クラウドビルド実行とかをしてもよかった
  • 事前に成果物を宣言し守るべく努力するの大事
  • 1人もくもくで、周りの目がないからこそ成果と経過をツイートするのはイイと思った
  • とは言え、90分に1回ツイートしなくてもいいかも
  • 90分は、80分作業+10分休憩でもよかったかも
  • 散歩や銭湯がGood。次はスケジュールにいれる
  • 睡眠大事。6時間ねても寝足りない(多分平日の疲れ)
  • 食事はたべすぎない
  • エナジードリンクは飲まなかった。Good
  • ハマる、調査するなどはしなかった。(事前にこれを使いたいなーってのはしらべていたから)

 1カ月以内に、もう一度一人もくもく会をやって超簡易デモ版を体験版にしたい!

 その前にポモドーロテクニックとかを勉強して見ようと思います。

 「転生勇者、よろしくお願いします!!!

 楽しかったけど、やっぱり疲れた。

任天堂Switch体験会2017に行った!楽しかった!!!

マンガ・ゲーム・アニメ イベントレポート

f:id:MRStar:20170115224448j:plain

 2017年1月14日(土)・15日(日)、東京ビッグサイトの東3ホールで開催された任天堂Switch体験会2017に参加してきました!

 その感想ブログです!

www.nintendo.co.jp

家族やグループで盛り上がりそう!「1-2-Swtich」

f:id:MRStar:20170115224321j:plain

 動画「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」で、『誰もが一緒に遊べるゲーム』として紹介された、「1-2-Switch」

 体験会の会場の入り口をくぐると、とても大きな「1-2-Switch」の体験ブースがそこにありました。

f:id:MRStar:20170115235105j:plain

 上の写真で私(画面右)が持っているコントローラ「Joy-Con」。このJoy-Conを使って遊ぶミニゲーム!1-2-Switch!

 プレゼンテーション動画でも、事前のイントロダクションでも、「『画面を見て遊ぶ』ではなくて、『一緒に遊ぶ相手の目を見て遊ぶ』という説明をされました!

 体験する際は、スタッフの方(画面左)がガンガン盛り上げてくれました。またスタッフの方は、体験者が入れ替わる間には待機列で待っている人たち(写真後ろ)も盛り上げてくれます!

 上の写真は、「大食いコンテスト」というミニゲームのスタッフさんと取らせていただいた写真、下の写真は「真剣白刃取り」というミニゲームのスタッフさんと取らせていただいた写真です。(許可済みです)

f:id:MRStar:20170115224353j:plain

 各ブースのスタッフさんは、それぞれのミニゲームに合わせた服装そして演技をして、遊ぶ人と待機列に並んでいる人たちを大変楽しませてくれました!

 実は私が会場入りした時には、整理券の配布が終了していてキャンセル待ちの列に並ばなくてはいけませんでした。その待ち時間は、他の方が楽しんで遊んでいる様子を見たり、スタッフさんが盛り上げてくれたりで、あっという間に過ぎていきました。

 私が今回遊んだゲーム「大食いコンテスト」と「真剣白刃取り」

 「大食いコンテスト」は「モーションIRカメラ」を活用した、Joy-Conの近くで口をパクパクしてサンドウィッチを食べるという体験を模したゲームでした!最高記録は10回だったそうですが、私は9と1/2。惜しい!

 「真剣白刃どり」はJoy-Conを振ったり挟んだりして、真剣白羽どりをするゲーム。すごい小さなお子さんでも遊べそうですね!大学生の宅飲みや自宅コンパでも活躍しそうですね。あまりコンパ行ったことないんですけどね、はい。

 この1-2-Switch、一人で体験会に遊びに来た私は、友人や恋人(いないんですけどね)と一緒に「相手の目を見て」体験できたらもっと面白かったのにな、と少し後悔しました。

www.youtube.com

仲のいい二人で!テーブルモード!そして「SUPER BOMBERMAN R」

 テーブルモードでのゲームプレイが気になっていたので、SUPER BOMBERMAN Rをテーブルモードで体験してみました。

 テーブルモードはSwitchをテレビにつなぐのではなく、Switch自体のディスプレイをテーブルなどに置き、Joy-Conを分離させて遊ぶモードです。Joy-Conを二人で分け合って遊ぶこともできます。

 このテーブルモード、「ディスプレイが小さいのでは?Joy-Conが小さいのでは?」と思ってました。

 体験してみて、この大きさでも私は快適に遊ぶことができました!もちろんゲームの種類にもよるでしょうが、二人肩を並べてゲームするという体験はとても楽しそうです!

 一人だったので、初対面の同じく一人で来られた方と一緒に体験しました。ボンバーマン、懐かしくやっぱり楽しい!

 このテーブルモード、パンフレットではカップル・友人・兄弟っぽい二人が肩を並べて楽しく遊んでいる様子の写真が載っています!旅の隙間時間に、カフェで過ごすひと時に、テレビのない場所で、いろいろな時間や場所で親しい人と肩を並べてゲームをする体験は素敵だなと思いました。

www.youtube.com

格ゲー苦手だけどやってみたくなった「ARMS」!

 動画「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」で、やりこみ度が高いゲームとして紹介されていたARMS。

 あまり格闘ゲームをやらないのですが、完全新作で、Joy-Conの特性を生かし、Switchらしいゲームということで体験してみました!

 動画「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」では、次のように説明されていました。

伸びる腕を使った格闘スポーツです。相手に直接パンチをあてるボクシングのようでもあり、遠くの相手を狙い撃つシューティングのようでもあります。

 このゲームも、初対面の同じく一人で来られた方と一緒に体験しました。簡単なチュートリアルをして、対人バトル体験しました!

 ゲーム音痴な人ってレースゲームで曲がるとき体が動くじゃないですか。そんな感じで攻撃を避ける時、体を動かしてしまいましたorz

 必殺技が発動すると、ボクシングのシャドーボクシングをするみたいにJoy-Conを持った手を振りまくるのですが、それがとても気持ちよかったです!

 体験し終わったら、少し汗をかいていました。格ゲーをあまりやらない私ですが「ARMS」買いたくなりました。

www.youtube.com

任天堂スペシャルビッグバンドのファイアーエムブレムのテーマが聞けた!

 開催日の二日間、ステージでは様々なイベントが行なわれました。

 そんなステージの2日間通して最後のイベント、任天堂スペシャルビックバンドによるゲームミュージックライブ!

 ドンキーから始まりカービィ。夢中になって遊んだゲームのBGMをスペシャルビックバンドの迫力のある生演奏を聴くことができ、大興奮でした。

 一番興奮したのは、ファイアーエムブレムのテーマ!めちゃめちゃ高まりました!ファイアーエムブレムは、あとifのテーマも聞けて最高でした!

 実は途中でARMSの体験をしたためすべてを聞けなかったのが、ほんのちょっと残念です。

 ゲームミュージックライブ以外にも、私が会場についてしょっぱな声優の杉田智和さんと緑川光さんが登場された「ドラゴンクエストヒーローズⅠ・Ⅱ for Nintendo Switch」を見れてとても高まりました!(杉田さんが出てるアニメが好きなので)

遊んでいる人たち、見ている人たちが楽しそう

 今回、Switch体験会のブースを見て思ったのは「ブースがほかの人が遊んでいる様子がとてもよく見えるように設計されている」ということです。

 夢中に楽しそうに遊ぶ様子を見ていると、早く遊びたいという気持ちが自然と高まります!

 また、遊んでいる最中だけでなく待機中も楽しそうにしている人がたくさんいました。

  • 1-2-Switchの待機列で思わずテーマソングを口ずさんでいた高校生くらいの男の子
  • 1-2-Switchのスタッフさんにあおられて、盛り上がる待機列の皆さん
  • 1-2-Switchを楽しそうに遊んでいる兄弟の様子を撮っているお母さん
  • ARMSの待機列で楽しそうに話していた大学生っぽいグループ
  • ARMSを遊びながら、夢中で腕を振り回す男の子
  • ゼルダの大型ディスプレイを食い入るように見つめる小学生の男の子ふたり組
  • 「これファイアーエムブレムの音楽だ!」ってテンション上がってる外国人の友達グループ

 みなさんめちゃめちゃ楽しそうでした。私も楽しかったです。

さいごに

 Swtich発売日の3月3日が楽しみです!

 もともとSwitch本体は買う予定だったんですが、買う予定がなかったソフトもがぜん買いたくなってきました!

 お金ためなきゃ!

 一人でやるゲームも楽しそうですが、友達・恋人・家族と一緒に、相手の目を見たり1-2-Switchをしたり、肩を並べてボンバーマンをしたり、ARMSをやってわいわい盛り上がるの、とても楽しそうです!

おまけ 写真いろいろ

f:id:MRStar:20170115224458j:plain

f:id:MRStar:20170115224314j:plain

f:id:MRStar:20170115224442j:plain

f:id:MRStar:20170115224505j:plain

f:id:MRStar:20170115224512j:plain

f:id:MRStar:20170115224519j:plain

2017年の個人目標

ポエム

 2017年の個人目標です。

 なるべく次の条件を満たすような目標にしました。

  • 数値を入れる
  • コツコツ積み重ねられる
  • 一回失敗してもそれで終わりにならない
  • 外的要因が少なく、自分が頑張ればなんとかなる

 以下目標です。

  • 個人ゲーム開発3個リリース
  • ブログ 100記事書く
  • TOEIC 860点以上をとる
  • 体重62kg以下にする
  • 彼女を1人作る

 最後だけ、めっちゃ外的要因!

個人ゲーム開発3個リリース

 個人ゲーム開発者としての目標。

 数を出していきたい。ゲームを作る、だけでなく遊んでもらうために「宣伝する」ということの知見もためていきたい。あとあわよくば「ファン」になってくれる方を見つけていきたい!

 ガンガンつくる!

 迷った目標

  • 作ったゲームが単独で50000ダウンロード
  • (Google Play or AppStore)で作ったゲームがフューチャーされる

ブログ 100記事書く

 プログラマとしての目標。

 迷った目標

  • MS MVP継続
  • GitHubで合計Star100個
  • 12回以上登壇
  • ある程度の大規模カンファレンスで1回以上登壇

 以上の目標と悩んだんだけど、外的要因に左右されない一番自分でハンドリングしやすいにやつに設定。

 アウトプットするためにはまずインプットもガンガンしていきたい。

 もちろん量だけでなく、質も上げていきたい。

TOEIC 860点以上をとる

 プログラミンやゲーム開発以外のスキルアップの目標。

 英語力を上げたい。

  • ドキュメントをすらすら読みたい
  • (砕けた表現の多い)フォーラムもある程度素早く読みたい
  • MS グローバルサミットでの雑談とかディスカッションにがつがつ参加したい

 現在のスコアが630点。TOEICのスコアで正確な英語力は測れないかもしれないけれど、630くらいのスコアで860を目指すのは、英語力向上に有効な気がする。

 そもそも、自分は基本語句とか文法とかの理解が足りない気がするし。

 MSグローバルサミットで、がつがつ他の参加者と英語で話したい。

迷った目標(できたらやりたい)

  • 週N回、英語のフォーラムを読む(RoslynとかUnity Experimentalとか)
  • 週N回、英語のフォーラムに投稿する
  • 週1回、英語で技術ポストをする
  • 2日に1回はDMM英会話

体重62kg以下にする

 健康関連の目標。

 現在の体重は70kg。(身長は171cm)

 今まで、66kg前後だと(勝手に)思ってたんだけど、年末体重計に久しぶりに乗ったらすごい数値をたたき出していた。

 健康になりたい。

迷った目標(できたらやりたい)

  • 健康診断A評価

彼女を1人作る

 人生関連の目標。

 多分一番難しい。幸せになりたい。

 ちなみにふざけてない。大真面目。