読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はここだ!

読書記録とか、ポエムとか、メモとか、コードスニペットとか。まとまったのはQiitaにも書きます。(http://qiita.com/RyotaMurohoshi) 掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

「裏口からのC#実践入門」を読んだ

読書記録 C#/.NET

 川俣晶さんの

 「裏口からのC#実践入門 バッドノウハウを踏み越えて本物へ!!よくない誘惑をはねのけて真の実力を身につけるために」

 を読みました。(Amazon)

こんな人にいいかもしれない

 この本で紹介されているバッドノウハウな感じのC#コードを書く人がチームいるのだけれど、その人に「ここがよくない!」って直接注意できない人。この本を読んでもらって、改善を促といいかもしれません。

 もしくは、

 「C#書き始めで、基本的な文法はなんとなくわかった気でいるけど、実はよくワカンネ。読むならライトな感じの本がいいな」っていう人は、いいかもしれません。

こんな本だった

  • 不具合などにぶちあたりC#のコードを改善・改修したい「ラマくん」
  • それに対してバッドノウハウをささやく「アクマくん」
  • バッドノウハウの問題点を指摘し、改善案を提案する「テンシちゃん」

 が登場し、コードを交えながら(ある程度長い文の)会話形式で記述されている本でした。

 私は知っている内容も多く、数時間で読みました。

 バッドノウハウをアクマのキャラクターで喋らせるというのは、素敵なアイディアだと思いました。(頭の固い上司キャラクターとかがバッドノウハウを教えてる本とかだと、角が立つかもしれませんしね。)

 しかし個人的にはキャラクターの中身に関係ない会話部分が毎節入って、この部分は好きになれませんでした。ここの部分削って、薄くして安くして欲しかった。

「2.13 Javaよ安らかに眠れ」

 「2.13 Javaよ安らかに眠れ」は、C#を書いているのに

 などJavaっぽく書いてはいけないよ。ちゃんとC#らしく書こう、という内容でした。

 一番主張されたいことはごもっともだと思うし、賛成なんんですが、ちょっと表現が過激かなと思いました。

新たな学び

上記に触れたことがなかったため、仕様や単語や概念を簡単にですが知ることができました。

川俣晶さんの他の著書

個人的には、川俣晶さんの著書であれば、次の3冊の方が好きです。

基本情報

  • タイトル : 「裏口からのC#実践入門 バッドノウハウを踏み越えて本物へ!!よくない誘惑をはねのけて真の実力を身につけるために」
  • 著者 : 川俣晶【著】
  • 出版社 : 技術評論社 (2014/11/8)
  • ISBN-10 : 4774168165
  • ISBN-13 : 978-4774168166
  • 発売日 : 2014/11/8